歴史

新しい時代の原点

自分らしく、安心して、個人を大切にしながら生きるには原点となる場所が必要です。19世紀にモリッツ・グロスマンはそれをエルツ山脈の小さな町グラスヒュッテに見出しました。彼はここに工房を構え、才能に恵まれた類まれな先駆者として、卓越した時計を開発しました。

それから100年以上を経て時計師のクリスティーネ・フッターがグラスヒュッテに残るモリッツ・グロスマンの遺産を発見し、新しいマニュファクチュールを設立しました。そして今、昔ながらのクラフトマンシップを現代のテクノロジーで再生させる取り組みがこのグラスヒュッテで行われています。「新しい時代の原点」を掲げ、モリッツ・グロスマンの名で新しい時代が始まりました。